Louvre

「夕日の港」 

119x150cm

1639年 油彩 カンヴァス

​クロード・ロラン 1600~1682

17世紀のフランス古典主義を代表するロランは、生涯の大半をローマで過ごした。理想の風景を追求して描く風景画の巨匠で、特こ太陽の光が差し込む港湾の風景が有名である。本作は、その典型といえる作品だろう。左側には古代的な建造物、右には逆光でシルエットになった帆船。それらの巨大なモニュメントの間で、浜に点々と群れ集う人間たち。そのすべてが夕日に照らされ、1つの情景を成している。詩情豊かな風景画の傑作である。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.