Louvre

「若い婦人に贈り物を届けるヴィーナスと三美神」 

211x283cm

1483年 フレスコ 壁画

ボッティチェリ 1444~1510

フィレンツエ近郊の名家の大邸宅にあった3連のフレスコ画の一部。1873年まで壁の漆喰の下にあったため、損傷が激しい。
名家の娘の結婚を祝して描かれた作品だ。右側の暗赤色のドレスの女性が花嫁で、ヴィーナスから贈り物を受け取ろうと布を差し出している。ヴィーナスの周囲には、対照的に華やかなドレスをまとった三美神。
当時流行の新プラトン主義を反映して、花嫁が理想美の世界(イデア)に誘われることを暗示している。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.