ORSAY

「ローヌ川の星月夜」

73x92cm

1888年 油彩 カンヴァス 

ヴィンセント・ファン・ゴッホ 

1853~1890

ゴッホのなかのリリシズムは、ほとんどつねに、その強度と明るさのために,リリシズムとしての外観を失ってしまう。しかし,自然との共感のもとにのみ描こうとするゴッホは.本質的に詩人であり、それが時として、きわめて美しく繊細な外観をともなってあらわれることがある.二人の恋人たちを前景にもつ星々のきらめくこの夜想曲ほ、駕くべき繊細な情緒にあふれている。
ゴッホは,アルルに到着してすぐ,夜の美しさを何度か描こうとしてテオに手紙を送っている。だが,彼がようやく夜のテーマを手がけたのは9月になってからであった。そのかわり、この地方では星のもっとも美しい月である。伝説によればゴッホは帽子にロ-ソクを立てて夜の戸外で制作したという。実際は、ガス燈の光で制作したようである。いずれにせよ夜の美しさに包まれた詩人の姿だろう。 

 

この作品はギャラリーアオキで購入できます。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.