Louvre

「パイプと水差し」 

32x42cm

1737年 油彩 カンヴァス

​ジャン・シメオン・シャルダン 

1699~1779

描かれているのは、煙草の道具入れや水差しといったごく日常的な品物。しかし、水差しを中心に左右のバランスをとった巧みな配置、そして深みのある色彩表現が、ここに空気感や情感を醸し出している。物の存在感をしっかりと捉え、まるで命を宿しているかのように描くシャルダンの静物画は、室内や卓上のありふれた空間にも美が存在することを世に知らしめた。そして、のちの19世紀に活躍するセザンヌなどの画家たちに影響を与えたのである。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.