Louvre

「マリード・メディシスのマルセイユ上陸」

​394x295cm

1622年 油彩 カンヴァス

​ピーテル・パウル・ルーベンス 1577~1640

600年11月3日、フィレンツエ・メディチ家のマリー・ド・メディシスは、フランス国王アンリ4世に嫁ぐためマルセイユ港から入国した。本作は、マリーの半生をたどる24枚の連作の1つだ。
叔母や姉に付き添われて下船する花嫁を迎えるのは、青に百合の紋章のマントの男(フランス)と、城壁型の冠の女(マルセイユ)。手前には、3人の海の精と海の神々が王妃の到着を祝う様子が大きく描かれ、祝祭の雰囲気を高めている。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.