Louvre

「ガブリエル・アルノーの肖像」 

21x16cm

1813年 油彩 カンヴァス

​ルイ=レオポルド・ボワイー 

1761~1845

小さな画面に描かれた、人形と見まごうほど愛くるしい少女。白いドレスを着て、腕にはしっかりと猫を抱えている。
言われたとおりに一生懸命ポーズを取ろうとしているようだ。ボワイーは、肖像画家として成功を収めたのち、パリ市民の生活を生き生きと描いた風俗画でも才能を発揮していく。
本作もその観察眼によって、少女の子供らしい表情をとらえ、微笑ましい作品に仕上げている。猫の顔つきにも、画家のユーモアが感じられる。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.