ORSAY

「笛を吹く少年」

161x97cm

1866年 油彩 カンヴァス 

エドゥワール・マネ 

1832~1883

​モティーフを単純化しながら、朱・黒・白といった色彩を平たんにおいてゆく手法は、日本の浮世絵などからの影響を受けつつ、マネ自身が完成させたもの。また背景の具体的な描写を省略した縦長のがめんに、等身大の人物像を単体で描く手法は、17世紀のスペイン画家たちの手法を取り入れている。このすっきりした彩色法と背景が相まって、黒い服を着こんだ少年のポーズにも、軽やかさが生まれている。絵画の歴史に対する画家の視野の広さを示すとともに、洗練された技がさえわたる作品である。

この作品はギャラリーアオキで購入できます。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.