Louvre

「エビ足の少年」

164x94cm

1798年 油彩 カンヴァス 

​ホセ・デ・リヴェーラ 1591~1652

明るく澄んだ空の下、松葉杖を肩にかけ、晴れ晴れとした笑みを浮かべる少年。変形した足をもつ物乞いなのに、まるで王侯貴族のように堂々としている。手にしているのは「神の愛のために、お恵みを」とラテン語で書かれた物乞いの許可証だ。スペイン人のリベーラだが、ナポリを拠点に下層の人々を題材にした宗教画や風俗画などを多数手がけた。初期にはカラヴァッジョの影響が強く、闇の世界を描くことが多かったが、この作品は出色の明るさだ。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.