Louvre

「バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像」 

82.2x67cm

1514年 油彩 カンヴァス

​ラファエロ・サンツイオ 1514~1520

詩人・人文学者のカステイリオーネは、ウルピーノ公の使節としてローマに駐在中、ラファエロと知り合った。
2人は友人関係となり、描かれたのがこの肖像画だ。斜め向きのゆったりとした姿勢、生き生きとした表情、前で組んだ手のいずれもがどこまでも自然で、画家とモデルの親しい関係を表している。『宮廷人の書』(1528年出版の作法書)の著者であるカステイリオーネにふさわしく、モノトーンの衣装で慎ましさと気品を表現している。

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

copyright©2010  Gallery Aoki all rights reserved.